14億円で勝訴…東日本大震災の犠牲者児童判決に関心集まる

東日本大震災の津波で犠牲となった大川小学校の児童を巡る裁判で仙台地裁は市と県に対し、約14億円の損害賠償を命じる判決を言い渡しました。この判決に世間の注目が集まっています。

・学校側の児童に対する行動が争点、大川小津波訴訟に判決

東日本大震災の津波で犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が市と県を相手取り、計23億円の損害賠償を求めた訴訟

仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、市と県に対し、約14億円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。

大川小学校では学校の管理下としては震災で最も多い子どもたちが犠牲になり、裁判所の判断が注目

裁判では、津波襲来を予想できたかや、学校管理下にあった児童を津波から安全に避難させることができたかなどが争点となった。

・訴訟までの経緯

訴状などによると、2011年3月11日午後2時46分に震災の地震が発生し、教職員は児童を校庭に集めた。午後3時35分ごろに避難先の堤防付近へ移動を始めた直後、辺り一帯を津波が襲い、被災したとしている。

石巻市の大川小学校は、震災の津波で74人の児童が犠牲になり、このうち23人の児童の遺族は石巻市と宮城県に対し1人当たり1億円、合わせて23億円の賠償を求める訴え

遺族側は、防災行政無線や市の広報車が大津波警報の発令を伝えており、津波は予見できたと主張。

その上で「45分近く児童を校庭に縛りつけずに、体育館から約30メートルしか離れていない裏山に避難すれば救えた命だった」などと訴えていた。

・それに対し被告側は?

教職員は児童を校庭に待機させた後、学校から約200メートル離れた北上川に架かる橋のたもとに向け避難を開始した直後に津波に襲われ、児童74人、教職員10人が犠牲になった。

被告側は、学校は海岸まで約4キロあり、津波浸水被害の想定域外だったため津波到達を予測できなかったと反論。

余震が続く中で裏山は崩落や倒木などの危険があり、同小校庭より約6メートル高い北上川の橋のたもとを避難先に選んだことは合理的だとしていた。

裏山については、地震で崩れる可能性があり、避難場所として適切でなかったと反論している。

・この裁判が注目された理由

大川小学校では学校の管理下としては震災で最も多い子どもたちが犠牲

地震発生の約50分後に津波が襲う直前まで、児童は校庭にとどまっており、学校側の対応を過失と判断するか注目

現場にいた教職員で唯一助かった男性教諭の証人申請は却下され、今年6月に結審した。

判決を傍聴しようと、抽選の受け付けにはおよそ270人が訪れ、倍率は5倍を超えました。

・この裁判には様々な意見が出ている

大川小学校の津波訴訟、石巻市に賠償請求の判決とのニュース。
小学高学年の子どもは、右の写真の山の上に逃げよう!と言ったのにも関わらず、先生はここで大丈夫!と判断。しかし、判断は間違っていて、山に登らず津波にのまれてしまったと聞きま… twitter.com/i/web/status/7…

NHKニュース速報「大川小学校津波訴訟で賠償命じる判決 遺族に14億円余支払い 仙台地裁」 。
「大川小学校津波訴訟で賠償命じる判決 石巻市などに避難判断の過失認める 」。
遺族が望んだ、事故の原因の解明について司法はどう判断したのか。判決の詳細を分析しなくてはならない。

石巻の大川小学校、賠償命令出たか。僕は元公務員として、当然だと思う。公務員は「目先の事なかれ主義」ではなく「大局的な事なかれ主義」であるべき。判決で委縮するのではなく、「子供を守るためなら行動をためらうな」という後押しになると良い。

先生も亡くなってるのに犠牲者が犠牲者を訴えた等、遺族勝訴判決への批判を目にする。学校には生徒の安全を守る法律上の責任があるのに。遺族は教員の個人的責任を追求してるんじゃないのに。

・「学校安全への対応」が必修科目に

文部科学省は教員を養成する大学の教職課程で「学校安全への対応」を必修科目の中で学ぶ内容に盛り込む方針

文科省は、国会に提出した教育職員免許法改正案の成立後、必修化に向けて教職課程の科目や単位などを定める同法施行規則の改正に向けた作業に入り、年度内にも改正したい考え。

教える具体的な内容は各大学が決めて申請し、文科省の認定を受ける必要がある。新教職課程の開始は早くて19年度になる見込み。

あわせて読みたい