これ虐待…?みんなの経験から考える「しつけ」との境界線

親からのしつけ、どこまでが愛でどこからが虐待でしょう

「しつけ」で小学生が行方不明に

北海道七飯(ななえ)町の山林で、両親に「しつけ」のためとして置き去りにされた男児が行方不明になっている

男児が、通過する車や人に石を投げたため「しつけ」として置き去りに

大和君は身長約120センチで、不明時の服装は胸にアルファベットのロゴが入った黒色のTシャツに紺色のジャージー姿。赤色の運動靴を履いていた

食料も携帯電話も持っていない状態だそう

丸2日以上がたった今も男の子につながる手がかりは見つかっていない

危険な山に置き去りなんて「虐待だ」

「今回の北海道の山中放置事件・悪いしつけの見本です…虐待です。虐待とは『子どものためといいながら、親の気持ちを満足させるため』子どもが納得していないのに恐怖や痛みを与え従わせるのは悪いしつけ」とつづった

北海道の山林で小2男児が「しつけ」として親に置き去りにされ未だ行方不明になっている件だけど、当初は山菜採りで見失った的な話だったよね、どんな結果であれ親はネグレクト、いや虐待どころかこれ5月の北海道の山林だからね、寒いし、しかもクマも出没するらしい。殺人同等で問われるべきですね。

タレントのフィフィさんも怒りの声

「子供が言うことを聞かない」から「父親の威厳を示すため」に置き去りにした、というロジックが既視感バリバリで怖い。それ、もしその通りだとしたら、置き去りの目的は「子供を正しい道に戻すための躾」じゃなく、「子供に自分の威厳を傷つけられたことに対する腹いせ」でしかないのでは。

「置き去り」ってしつけとして、どう?

「しつけ」と言えるのか、とネット上の意見が「親批判」に傾く一方で、「私もよくされた」と体験談を語る人も多い

しつけで山に置き去り、、おれも幼稚園くらいのときに母さんにやられたの思い出した。

躾で置き去り疑問視とか見るが、普通にやられたよねな昭和生まれの俺が通ります・*・:≡( ε:)
いつも通ってる山道だが崖の淵でガードレール無いとこに降ろされて泣きながら走った記憶とか何回かあるわww
てか、今思えばよく崖から落ちなかったな俺(((=ω=)))ブルブルww

やっぱり子育てした人なら、山に置き去りはやり過ぎだっていう前提で、それでもちょびっとは気持ちわかるわ、って思うよな… twitter.com/doksensei/stat…

気持ちはわかるって人も「置き去りにしたフリをする」「ちゃんと目の届く範囲で」などの「叱る」という範疇の「しつけ」をするべきだったと思ってらっしゃる

しつけの置き去り…これね、どの親も一度は経験あると思う…が、どんなに腹立てて置き去りにしようとも、自分の目が届く所までが鉄則。子供は本当にどんな動きをするか予想もつかないものです。500メートルも離れちゃダメだよ…ましてや山の中…両親共に一生分の反省と後悔をするべきです。

「虐待」と「しつけ」の境界線って?

虐待は子供の権利を侵害するもの。しつけは子供の権利を擁護し、成長のための行為と分けられますが、境界はあいまいです

親の体面、怒りを押し付けるようなしつけは、虐待に繋がることもあります

大人になって気付いた経験談

この事件見て、かれこれ15年ぐらい前の小学生の頃テストの点が悪いだけで激怒されて手足と口をガムテープで引き千切れない程ぐるぐる巻きにされて外に出された事思い出した。あと手の甲にタバコ押し付けられたりもしたな。当時はそれが当たり前だったけど今思えば虐待に近いのかも。

今ニュースで子供が山に置き去りとかいうやつみたけど、俺も小学の頃親に背中殴られて過呼吸で死ぬ思いしたり、暗い部屋に6時間くらい閉じ込められたり他にも色々あるけど今思えばあれって虐待だよな。。。

大人になってもトラウマとして残るような行為は、虐待に近いと言えます

躾で山に置き去りの一件。私は躾でなにかされたかなって思い返した所『悪い事をしたら母が煙草を吸う』ってのを思い出した。「そんな悪い子だとお母さん煙草吸って早死にするからね!」って煙草を握りしめてベランダに行こうとするのを「いい子にするからぁぁ」って泣きながら止めるの。懐かしい。

しつけ云々の話がTLに流れてきますが、最近のうちの父上は弟くんが反抗的な態度をとると「そういうことすると、もう猫の写真貰ってきてやんないぞ!!」ってやります。(弟くんは父上の知り合いが最近飼い始めた子猫にメロメロなのでこうかはばつぐんだ!)

親に感謝する時って、多々あるけど、私が一番感謝するのは教育や躾マナーに対してだな
幼い頃にちゃんと教えてもらえたから、今社会に出ても最低限の恥ずかしくない振る舞いができていると思うから本当に感謝だわ

大人になって「ありがとう」と思えるのが”しつけ”なのかもしれません

子育ては思っている以上に大変

躾とはなんだろうって親になって改めて思うわ。ただ体罰で良い悪いを教えるのではなく、ちゃんと物事の本質を見て子供にしっかりと教えないとだよね。私も人の親になったし、すごく考えさせられるわ。

躾の線引きって実際に親になってもわからない。
子供と真正面から向き合うとああああもう!!って思うことだって沢山ある。その時に冷静になれるかなれないかなのかなぁ

「子どもが今まさに自力でできることを課題にする」ことが「しつけ」であり、「到底、頑張ってもできない理不尽な課題を与える」ことが「虐待」

「悪いことをした子どもが悪い」「これはしつけだから」というママ・パパの言い訳が、しつけを虐待に変えてしまう

子どもは自分とは全く別の人格、自分とは別の人間であると認識することはとても大切です。思い通りになんてなるはずがありません。完璧を求めても無理なのです

「しつけ」と「虐待」の線引きを改めて理解するのが、良い親への一歩かもしれません

あわせて読みたい