ハローキティが仕事を選ばない理由

意外とすごかったキティちゃんのマーケティング戦略!

相次いでコラボを発表

2009年、タレントの「イモトアヤコ」とコラボ
http://sre-music.com/archives/31

2012年、セガとサンリオのキャラクター共同開発企画の一環としてコラボ
http://japan.cnet.com/news/offtopic/35019079/

2012年、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の公開を記念してコラボ
http://www.cinematoday.jp/page/N0039036

出典ameblo.jp

2012年、映画「貞子3D」の公開を記念してコラボ
http://gigazine.net/news/20120407-sadako-kitty/

その狙い

新たな魅力を常にキティに与え続ける

コラボ以外でも常に流行を取り入れている

ペットブームの際にはキティちゃんにも猫を連れさせた

色んなファッションをさせるため、その時々に応じて頭身を変えている

ヒットの要因はその“柔軟さ”

1980年から現在に至るまでキティのデザイナーを務める山口裕子さんが語った内容

「キャラクターの寿命って、大体5年って言われてるんですね」

「(デザイナーになった頃は)マンネリ化みたいなものが出てきた頃」

「結局キティのことを知っているのはお客さんだから、お客さんの声を聞くのが一番」

「キティちゃんって言うのは、皆に好きだって言ってもらわないといけないので、プロフィールも皆が共感するようなものにしています」

「プロフィールも一度に決めないで、時代時代にどんどん増やしていくんです」

「キティちゃんはいつも同じ服と言われ、ファッショントレンドを取り入れようと考えました」

「当時流行していたテディベアをキティが見つめる『ティディベアシリーズ』を作ったところ、それが大ヒットして、売り上げNO.1になったんです」

「それ以降、時代のトレンドを取り入れたキティを次々に作りました」

あわせて読みたい