Googleストリートビューの進化で地球がどんどん丸裸に

軍艦島にエベレスト、キリマンジャロを始めとする世界の山々。雲をも消し去る技術に、徒歩でいけるところならどこまでも!とどまることを知らないGoogleマップに迫ります。

軍艦島の「ストリートビュー」初公開

長崎港から19キロの海上に位置する小さな半人工島

建造物は風雨にさらされ、徐々に劣化が進んでいる

アパートの中庭には、まっすぐのびる新緑が

グーグルが「軍艦島」として知られる長崎県長崎市の海底炭坑跡の島・端島の「ストリートビュー」を公開

長崎市の協力により、立入り禁止エリアを含め島全体を撮影。撮影は約2時間程度、島内を歩いて撮影を行ったとのこと

店内撮影などを行う機材で、無人となった集合住宅内も撮影が行われた

「ストリートビューで撮影したパノラマ画像が、今を留めるデジタルアーカイブとなり、未来にその姿を伝えることを願っています」

Googleから

Googleマップから雲を消す?

Google EarthとGoogleマップの衛星写真がアップデートされ、雲のない鮮明な地表が眺められるようになった

膨大な衛星写真を解析することで、雲を消去した地表の写真を生成したという

Googleは、過去の衛星写真を重ね合わせることで、現在までの変遷を辿れるようにする「ビジュアル惑星タイムマシン」を発表している

今回はこれに似た技術を活用している

今や勇敢なる探検者はアーロン・チェアの回転椅子に腰掛けたままで世界のどこへでも行ける

ストリートビュー、エベレストに到達

グーグルマップに新たに加わった山頂写真

軽量三脚と魚眼レンズのデジカメで撮影された

Google Mapsがエベレスト、キリマンジャロ、アコンカグア、エルブルスのストリートビューを公開

これらはすべて“七大陸最高峰”の山々

世界最高峰の雄大な景観やベースキャンプの様子を、360°のパノラマで楽しめる

自宅にいながら仮想登山体験ができ、山頂で大空を見上げると思わず深呼吸をしたくなる

Google社員がエベレスト登山を思い立ち、ツアーを計画している最中に、ストリートビュー用の画像も撮影することにしたのが始まり

ストリートビューカメラのレンタル受付を開始

10数台の全周カメラ群と記録装置、バッテリーをまとめたストリートビュー撮影機器

1年ほど前に発表された Street View Trekker

国立公園やグランドキャニオンなどを追加していく

Google がストリートビュー撮影用のバックパック型カメラのレンタル受付を開始

当初の募集対象は、各国の観光局、政府機関、大学など

ストリートビューにぜひこの場所を追加したい!という団体は、カメラの貸し出しとトレーニングを受けることができる

撮影したい場所や撮影計画、サポートや資金援助が必要かどうかなどを記して応募

Street View Trekkerはバックパックとして背負えることで、徒歩で立ち入れる場所ならばどこでもパノラマ画像の撮影が可能

世界の意外なところも結構見れる

世界9カ国17の美術館と提携し、400人以上の画家やアーティストによる1000以上の作品を公開

Google アートプロジェクト
http://www.googleartproject.com/

出典i.gzn.jp

UNESCOと提携し、英国のストーンヘンジやイタリアのポンペイ遺跡など、世界遺産の写真を公開

ギャラリー
http://maps.google.com/intl/ja/help/maps/streetview/gallery.html#historic-italy

出典i.gzn.jp

Googleの関係者がプライベートで南極を旅行した際に機材を持ち込んで撮影したもので、ごく限られたエリアだが、ペンギンの群れや客船などを見ることができる

南極大陸
http://p.tl/ufr6

ディズニーランド・リゾート・パリはテーマパークとして史上初めて、Google ストリートビューのサービスを提供

パリのディズニーランド
http://p.tl/DvX7

日本の意外な場所も結構見れる

広島市の協力で、通常は立ち入ることができない内部を360°見れるように撮映

原爆ドーム
http://g.co/maps/6fa6

鈴鹿サーキットのレーシングコースを撮映

鈴鹿サーキット
http://g.co/maps/tgea

撮影用の三輪自転車で野球の試合開始前にグラウンドを走行して撮影

西武ドーム
http://g.co/maps/skkf

自家用車や園内バスを使って動物を見るサファリ形式なので、ストリートビューにマッチしています

秋吉台自然動物園
http://g.co/maps/cjmc

あわせて読みたい